Minimahack

ミニマリスト×科学技術×社会課題解決につながる行動+体験して良かったコトやモノを発信

Book

読書メモ | ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集

読んだ本 ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集 (集英社ビジネス書)作者:石角完爾発売日: 2019/01/11メディア: Kindle版 タルムードとは,モーセが伝えたもう一つの律法とされる「口伝律法」を収めた文書群である.個人的な理解は「先人のノウハウ集」.…

読書メモ | グレート・リセット(個人のリセット)

グレート・リセット ダボス会議で語られるアフターコロナの世界作者:クラウス・シュワブ,ティエリ・マルレ発売日: 2020/09/15メディア: Kindle版 はじめに こちらの記事の続き. minimahack.jp 本書籍は3つの章に分かれている. マクロリセット ミクロリセッ…

読書メモ | 未来を実装する - テクノロジーで社会を変革する4つの原則 -

未来を実装する――テクノロジーで社会を変革する4つの原則作者:馬田隆明発売日: 2021/01/24メディア: Kindle版 何回かに分割して読書メモを投稿予定. はじめに デジタル技術によるビジネスの大きな変化 公共が大きなビジネスになる時代 社会の変え方のイノ…

書評:イギリス式月収20万円で愉しく暮らす

日本人ミニマリスト及びパワーカップルの生き方の参考になる本を紹介した.全29項目あるうちの,いくつかの項目をピックアップした.納得できる内容ばかりなので,興味がある人は読んでほしい.

書評:ドイツ人はなぜ、年290万でも生活が「豊か」なのか

ドイツ人はなぜ、年290万円でも生活が「豊か」なのか作者:熊谷 徹発売日: 2019/02/02メディア: Kindle版 概要 過剰サービスを期待せず,できることは自分でやる文化.この「できることは自分でやる文化」が,少ないコスト(お金・時間・環境)で「豊かに」暮…

書評 :世界最高の話し方

はじめに | 関わる人全てに端的に思いを伝えたい 職場での職位が上がるに連れて,関わる人の数が多くなった.関わる人が多くなると,指数関数的に打ち合わせの数が増えて,一人で作業や考える時間がなくなってきた. また,関わる人すべてに対して自分の考え…

書評:ブレイン・ルール

本の目次 すぐにダンスを始めよう 楽観的に,感謝を忘れずに過ごそう 食事に気をつけて,運動しよう 学んだこと 今回読んだ本はこちら.脳の力を最大限発揮して,より生産性を高めたいと考えた. ブレイン・ルール 健康な脳が最強の資産である作者:メディナ,…

書評:できる人のお金の増やし方

今回読んだ本 お金持ちになる心構え お金持ちになる手段 今の自分に足りないこと 今回読んだ本 資産形成につなげるために本書を選定.5年くらい前に読んだのだが,内容が全く頭に残っていなかったので再度読み直し. できる人のお金の増やし方作者:リチャー…

書評:最高の体調

最高の体調 ACTIVE HEALTH作者:鈴木祐発売日: 2018/07/13メディア: Kindle版 はじめに 原始人に近い生活をすることが,体調の観点では望ましい.なぜなら,脳の進化が環境変化に追従できてないから. 環境変化として,多すぎるもの・少なすぎるもの・新しい…

書評:話し方で損をする人・得をする人

話し方で 損する人 得する人作者:五百田達成発売日: 2018/08/25メディア: Kindle版 本書から学べたこと(実践できていないこと)を箇条書きでまとめる.本当は「端的に人に伝えるスキル」を身につけるために読み始めたのだが,そういう本ではなかった. 学べ…

書評:Think Clearly / Think Smart / Think Right(箇条書版)

本記事では,人生で失敗しないための方法をまとめている本3冊を紹介する. Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法作者:ロルフ・ドベリ発売日: 2019/04/12メディア: Kindle版 Think Smart 間違った思い込みを避けて、賢く…

書評:無印良品は、仕組みが9割

本書の全体像 仕組みを大切にする働き方について,まとめられている.著者は,日本経済を元気にするために,一緒に頑張りたいという思いから本書を執筆した. 仕組み(=マニュアル化)のポイントは3つの観点.特に,経験と勘を蓄積することは,チームの実行…

書評:1日ごとに差が開く 天才たちのライフハック

本記事では,この本で学んだことを生活習慣にどのように組み込んだかをまとめています. 1日ごとに差が開く 天才たちのライフハック作者:許 成準発売日: 2019/04/25メディア: Kindle版 残り時間を意識する Google Chromeの拡張機能で,新規タブを開くと残り…

書評:無理の構造

本記事のクオリティはメモレベルです. 理不尽さのメカニズムを可視化すること 抵抗が無駄に終わる原因の一つは「自然な流れや法則に逆らっている」ことにある 理不尽なのは世の中ではなく私達の頭の中 人間は暗黙のうちに身の回りにあるものを,実際には非対…

書評:エッセンシャル思考(詳細版)

概要はこちら. minimahack.jp エッセンシャル思考とはなにか より少なく,より多くを実践する生き方 より多くの仕事をこなすためのものではなく,やり方を変えるためのものである. エッセンシャル思考になるためには,3つの思い込みを克服する必要がある.…

要約:いまこそ、地球のOSを書き換えよ

コンクリートの大箱志向は自然を破壊し,人間を不幸にする 新型コロナウイルス感染症を契機に求められる変化 人間が環境との向き合い方を根本から変えるための建築の役割 本記事は,私の勉強のために下記の記事を要約したものです.今回は自分用に近い形でラ…

書評:エッセンシャル思考

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする作者:グレッグ マキューン発売日: 2014/11/19メディア: 単行本(ソフトカバー) 自分の生活に活かすための読書メモ. 本の内容を抜粋 エッセンシャル思考とは より少なく,しかしより良くを実践する生き方 …

書評:バビロンの大富豪「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか

キーセンテンスは,稼いだ金の一部を自分のものとして,金を自分のための奴隷とする.

書評:時短関連の本(3冊)

研究時間とブログ執筆時間を更に確保するため,今まで読んできた時短関連の本を読み返した.これらの本の中から,人生に活かせていなかった内容を抜粋及び私なりの解釈を付与する.

書評:時間術大全

時間術大全 人生が本当に変わる「87の時間ワザ」作者:ジェイク・ナップ,ジョン・ゼラツキー発売日: 2019/06/20メディア: 単行本(ソフトカバー) 自分の生活に活かすための読書メモ. はじめに デフォルト(人間は初期設定に引きずられがちなこと)によって…

2020年の GW に読みたい「幸福論」

Photo by Sincerely Media on Unsplash 先行きの見えない変化の激しい時代と言われて久しい.今年のコロナ騒動で改めて先行きを見通すことの難しさを感じた.それでも,人生に意味を見出し,幸福感のある日常を日々送りたいと思うのが人間という生き物だと思…

書評:「捨てない未来」はこのビジネスから生まれる

この本を選んだ背景 最近、SDGsに関心を持っていて、特に身近な課題であるごみ問題(SDG 12, 13などに関係あり)に興味ある。持続可能な社会を実現するためには、ごみ問題を解決することが必須だと考えている。個人活動だけでは限界があるので、ごみ問題を対…