Minimahack

ミニマル・シンプル・ナチュラルに個人と社会の課題解決に貢献

書評:最高の体調

最高の体調 ACTIVE HEALTH

最高の体調 ACTIVE HEALTH

  • 作者:鈴木祐
  • 発売日: 2018/07/13
  • メディア: Kindle版

はじめに

  • 原始人に近い生活をすることが,体調の観点では望ましい.なぜなら,脳の進化が環境変化に追従できてないから.
  • 環境変化として,多すぎるもの・少なすぎるもの・新しいものの3つの観点がある.
  • 扁桃体が常にオンになっているから,現代人は集中力が低下している.デジタルデバイスが近くにあるだけで,認知機能が低下する.
  • 現代人の不調の原因は大きく分けて2つ.
    • 炎症:細胞レベルの損傷
    • 不安:人間の感情

炎症

  • 内蔵脂肪はそれを燃やし続けるため,細胞レベルで炎症を起こす.
  • 睡眠不足でも脳が炎症する.
  • トランス脂肪酸が肝臓の働きを乱す
  • 孤独も今までの環境になかったもの.
  • 腸内細菌の不足によって,人体に炎症が発生している可能性がある.これは,食物繊維やヨーグルトの摂取によって,解消できると言われている.

多すぎるもの・少なすぎるもの・新しいもの

多すぎるものと新しいものを減らし,少なすぎるものを増やすことが体調のためにはよい.

  • 多すぎるもの
    • 摂取カロリー
    • 精製穀物
    • アルコール
    • オメガ6脂肪酸
    • 塩分
    • 乳製品
    • 飽和脂肪酸
    • 満腹感
    • 食事のバリエーション
    • 人口密度
    • 衛生設備
    • 人生の価値観
  • 少なすぎるもの
    • 有酸素運動
    • 筋肉を使う運動
    • 睡眠
    • 空腹感
    • ビタミン
    • ミネラル
    • 食物繊維
    • タンパク質
    • オメガ3脂肪酸
    • 自然との触れ合い
    • 有益なバクテリアとの接触
    • 太陽光の摂取量
    • 深い対人コミュニケーション
    • 他人への貢献
  • 新しいもの
    • 加工食品
    • トランス脂肪酸
    • 果糖ブドウ糖液糖
    • 公害
    • 人工照明
    • デジタルデバイス
    • インターネット
    • 慢性的なストレス
    • 化学物質
    • 重金属
    • 処方箋
    • 抗生物質
    • 孤独
    • 仕事のプレッシャー

不安

  • 不安は現在と未来が遠すぎるから抱く感情.永遠の現在を生きれば,不安はなくなる.
  • 自分の価値観に沿って生きると,現在と未来の距離が近くなる.
  • 締切を設定すること,作業を区切ることは未来と今を近づける手段.
  • シンプルな3つのルールを適用すること.毎日・毎週・毎月やり遂げることをそれぞれ3つ決めて,毎週よかった点と改善点をそれぞれ3つ書き出す.
  • if-thenで現在と未来を近づける(AをしたらBをする).
  • 数字を使ってフィードバックを得る.フィードバックだけでなく,その数字から改善点を考えることができる.

自分の生活への適用

  • 食事の改善:1人で夕食を食べるときは,フルーツ・野菜・魚のみにすること
  • 朝筋トレ
  • 23時までに就寝
  • デジタル断捨離:RescueTimeやスクリーンタイムを使って,デバイスの使用時間を削減すること

書いてほしい記事内容や,記事に対するアドバイスなどがあれば,ぜひコメントしてください.また,ブログのランキングサイトにも参加しているので,以下をクリックして応援していただけると幸いです.

ランキングサイト1:にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

ランキングサイト2:人気ブログランキング