Minimahack

ミニマリスト×科学技術×社会課題解決につながる行動+体験して良かったコトやモノを発信

徹底的に自然主義であれ

人工物と天然物

近年の地球温暖化を筆頭に、様々な問題の原因は自然に対して人間が過剰な介入をしたからだと考えている。 人間が生活する以上、自然に対する介入は不可避であるが、多くの生物と比較して過剰に介入していることは明らかである。

介入の要素として、人工的に作られたものが挙げられる。 例えば、プラスチックやサプリメントなどである。

多くのプラスチックやサプリメントは自然由来のもので代替可能である。 しかし、文面上の効率という観点から、これらのプラスチックやサプリメントが利用されることが多い。

人工物は天然物に勝てない

人工物は人間に短期的な利便性をもたらす一方で、長期的な不利益をもたらしてきた。 長期的な不利益とは、昨今の地球温暖化などである。 また、今後健康被害などが発生するのではと想像している(これは想像で根拠はない)。

人間は自然を超越できないので、天然由来の成分以外を摂取することが長期的に良い影響を与えるとは想像できない。 人工物は短期的な目線での問題しか見ていない。 一方で、天然物は物体の死後も見ている。

身近な天然物に手を出す

近年はサステイナブルというワード、日常生活におけるメンタルヘルスなど様々な問題で溢れている。 これらの問題に対して、世間では多くの取り組みがなされているが、いずれの取り組みも課題の原因に着手できていない。

世間の問題の多くは、自然でないことに起因している。 自然な生産をしていないから生態系に悪影響を与えるし、生物としての個人が尊重されないからメンタルヘルスの問題を抱えることになる。

人間は動物であり、動物として本能に従う必要があると考える。