Minimahack

ミニマル・シンプル・ナチュラルに個人と社会の課題解決に貢献

私がコンビニレス生活を始めた理由

f:id:takuma0121:20201025134658j:plain
Photo by NeONBRAND on Unsplash

はじめに

数週間前からコンビニレス・チャレンジを始めた.要するに,コンビニを利用する生活をやめた.

コンビニレス生活には,お金・時間・環境の3つの観点でメリットがあると考えた.以降では,3つの観点でのメリットを示す.また,コンビニレス生活を送るための具体的な手段も示す.

コンビニレス生活のメリット

お金

コンビニでは利便性と引き換えに,あらゆる商品を高い値段で買うことになる.スーパーなどと比較して店舗の規模が小さいため,仕入れ量が少なく単価が下がらないことや,24時間営業が基本になっており人件費や光熱費が高くなることが挙げられる.

コンビニに行かないだけで,(当たり前のことだが)お金の節約になる.

時間

コンビニに寄って,商品を選び,会計を済ませるまでには一定の時間がかかる.こちらの調査資料によると,1人当たりの滞在時間は5分未満が78%とのことだが,これが365日行われた場合,年間で6時間以上コンビニで過ごすことになる.

コンビニに行かないだけで,時間の節約にもなる.

環境

コンビニの商品は,ほぼ全て小分けのためのプラスチックが使われている.特に,お弁当類はプラスチック容器ゴミが大量に出る.

コンビニに行かないだけで,特にプラスチックゴミの削減につながる.

コンビニレス生活を送るための手段

大きく分けて,次の2つの手段を採用している.

  1. 週1回,スーパーで生鮮食品を買うこと
  2. 隔週,Amazonで生鮮食品以外を買うこと

理想的にはAmazonフレッシュを活用して,スーパーに行く時間も削減したい.しかし,平日に料理ができないことも多く,Amazonフレッシュの利用に必要な金額まで商品を買えない.そのため,2020年10月時点では,上記の1,2の方法を併用している.

この手段のデメリットであり同時にメリットになることは,少なくとも1週間単位の計画を立てなければならないことである.コンビニを利用する生活では,毎日その都度自由に商品を選べるため,1週間単位の計画を立てる必要がない.

このデメリットは短期的には「時間がかかる」「面倒」などデメリットが大きいが,長期的には計画を立てる能力を養うことに繋がり,人生単位でみるとメリットといえる.

まとめ

本記事では,コンビニレス生活のメリットとコンビニレス生活を実現するための手段を示した.現在は,スーパーとAmazonの併用であるが,スーパーに行く時間がかかることが課題である.