Minimahack

ミニマル・シンプル・ナチュラルに個人と社会の課題解決に貢献

ランニングを趣味から外した話

背景

日々婚活に励んでいる友人と,「コロナがある程度落ち着いたら一緒に楽しめる趣味をいくつかやろう」という話になり,趣味となる候補をリストアップした.その中に,ランニング(皇居ラン)が含まれている.

私は中高サッカー部,大学でフットサル,社会人になった今もサッカー・フットサルを継続している.また,2016年には東京マラソンも完走しており,走ることには慣れている.友人も運動を趣味にしたいとのことで,ランニングが趣味候補に含まれたことは自然の流れだった.

しかし,時間という最も貴重な資源をランニングに使ってよいのか考えるようになった.本記事では,ランニングを趣味に入れた理由と外した理由を示す.更に,ランニングに限らず,自分にとって重要なこと以外に時間を使ってはいけないことを示す.

ランニングを趣味に入れていた理由

趣味を選定するにあたり,次の要件があった.

  • 直感的に楽しそうだと思えること
  • 身体的または精神的成長に寄与すること
  • 初期金銭的コストと時間的コストがかからないこと(e.g. 道具が高い,できる場所が近場にない)

ランニングはこれらの要件を満たしていた.

  • 皇居ランをやってみたいという気持ち(やりがいまたは快楽を感じられる気持ち)があったこと.
  • 身体的に成長しつつ,かつマインドフルネス効果により精神的安定につながること.
  • 数千円のランニングシューズ購入のみであること.

ランニングを趣味から外した理由

やりがい・快楽,身体的・精神的成長に寄与する他の趣味があったから,そちらに時間を使いたかった.図解してみると,ランニングの入る余地がないことが分かる.

f:id:takuma0121:20200517163921p:plain
私の趣味の図解

また,数千円のランニングシューズを買う金がもったいないと思ったことや,使用頻度の低いランニングシューズが家にあることが気に入らなかった.

自分にとって重要なことにのみ時間を使うこと

「趣味なんだからたくさんあっていいじゃないか」と思う方も多いと思う.しかし,単位時間あたりに得られるやりがい・快楽を最大化し続けることが,幸福につながると考えている.なお,やりがいと快楽の幸福度の関係に関する本は以下にある.

takuma0121.hatenablog.com

あとは,時間を節約して本当にやりたいことをやる時間を確保しようとしているのに,中途半端にやりたいことをやるのは矛盾しているようにも思えた.

takuma0121.hatenablog.com takuma0121.hatenablog.com

まとめ

本記事では,身体的・精神的成長とやりがい・快楽の観点から趣味を見直した.その結果,私にとってランニングは貴重な時間を使ってやるべき趣味ではないことがわかった.時間がないと嘆く人にとっては,この思考プロセスが役に立つと思う.


面白いと思った人は読者登録,ランキングボタンのクリックをお願いします.

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ