Minimahack

ミニマル・シンプル・ナチュラルに個人と社会の課題解決に貢献

Uber Eats でチップを渡したくなる行動一覧

f:id:takuma0121:20200829220320j:plain
Photo by Robert Anasch on Unsplash

背景

在宅勤務中心の生活となり,自宅で昼食を食べる回数が増えた.時間の節約のため,昼食には Uber Eats を活用することが多い.

Uber Eats にはチップ機能があり,本来の支払いにプラスで配達者にお金を渡すことができる.誰にでもチップを渡すというわけではなく,質の高いサービスを提供してくれた配達者に対してのみ渡している.

本記事では,実際にチップを渡した行動一覧を示す.配達者の質が高まることで,配達者はチップを受け取れるようになり,ユーザの満足度が高まることが期待できる.

行動一覧

実際にチップを渡すきっかけとなった行動を示す.

置き配でキッチンペーパーの上に商品を置く

商品自体はビニール袋に包まれていて,そのまま置いたとしても商品が直接地面に触れることはない.しかし,ビニール袋を自宅の床に置くことを考えると,ビニール袋まで含めて汚れないことが望ましい.

そこのニーズを捉えた形で,キッチンペーパーをしいてその上に商品を置いてくれる配達者にはチップを渡したくなる.ただ商品を配達すればよい,という考えを超えた行動である.

到着までの時間を SMS で連絡

昼食が届く時間がわかることが望ましい.アプリ上でも確認できるが,機械的に計算しているため精度が高いとは必ずしも言えない.

そこで,配達者が自ら正確な予定時間を送ってくれることは,サービス精神溢れていると言える.

「大変お待たせしました.Uber Eats です.」という挨拶

単純に挨拶ができる人は印象がいい,ということである.人としての基本動作である.

まとめ

本記事では,Uber Eats でチップを渡したくなる行動一覧を示した.今回3つの行動示したが,それぞれ特別の行動ではなく,人としての基本行動の徹底がチップにつながるのだと考える.